作業環境測定機関 労働安全衛生コンサルタント事務所 専門家による石綿分析

tokyo occupational safety and health center  東京労働安全衛生センター 
お気軽にお問い合わせください。 03-3683-9765    

石綿含有建材の分析

  
建材のアスベスト含有分析
 石綿障害予防規則および大気汚染防止法では、建物の解体、改修時に建材のアスベスト含有等の調査を義務付けています。建材の石綿含有の有無は分析しなければ分からないことがあり、分析が必要になります。分析の間違いは、「含有ありをなし」としてしまう(False Negative)は石綿を飛散させる事故につながり、「含有なしをあり」としてしまう(False Positive)は不要で高額な除去費用を発生させてしまうことになり、どちらも許容されません。正確な分析は重要です。東京労働安全衛生センターでは、日本環境測定分析協会のインストラクター資格を持つ分析者が分析します。また日本環境測定分析協会の技能試験(試験所、技術者)に合格しており精度を担保しています

日本環境測定分析協会インストラクター認定証
日本環境測定分析協会技能試験合格証(試験所)
日本環境測定分析協会技能試験合格証(技術者)



石綿含有建材の分析方法
 2016年、JIS A 1481「建材製品中の石綿含有率測定方法」が発効し、2つの定性分析(含有の有無の分析)と2つの定量分析(含有率の分析)が使用できるようになりました。下表のように、2つの定性分析方法は石綿の定義と分析の手法が異なるため、分析結果に違いがでることがあります。
  


  
  当センターでは、国際標準の分析方法であり、安価かつ精度の高いJIS A 1481-1の方法を推奨しています。詳細はこちらをごらんください。

  JIS-1の分析手順は下表のとおりです。
   


  
 石綿の形態的な定義は石綿に特有のasbestiformです。そのため実体顕微鏡と偏光顕微鏡を使用して、この形態的な特徴に合致する繊維を探すことが基本です。最初に肉眼および実体顕微鏡観察による予備観察では、石綿繊維の視認が可能かどうかを判断するとともに材料の種類とマトリクスの推定も必要です。視認ができない場合はマトリクスに合った前処理を施します。JIS-1では灰化処理、酸処理、浮遊沈降などの前処理方法が記述されていますが、例示されているだけで必須ではなく、また詳細な記述がないので、マトリクスに応じて分析者が選択し、工夫して実施する必要があります。対象となる建材製品は多様で、様々なマトリクスを含んでいることから、これらと石綿との区別をつけることが重要です。実際の分析では建材の種類に応じた前処理方法を選択する必要があります。前処理方法としては
1)酸処理:容器中で2M塩酸によりセメント分などを溶解させ、吸引濾過する方法。
2)簡易酸処理:スライドグラス上で試料に2M塩酸を滴下しセメント分などを溶解させ、塩酸を浸液として偏光顕微鏡で観察する方法。
3)灰化処理:電気炉などでセルロースなどの有機成分を灰化する方法。
4)簡易灰化-酸処理:スライドグラス上で試料をライターなどで燃焼させた後で塩酸を滴下してセメント分などを溶解させ、塩酸を浸液として偏光顕微鏡で観察する方法。
5)浮遊沈降:水中に試料を分散して比重によって石綿とマトリクスを分離する方法。
6)加熱:ビニルなどの有機成分にコーティングされた石綿に対して、ホットプレートで観察用スライドグラスを180℃程度に加熱してコーティングを溶かして観察する方法。
建材ごとの前処理方法の例は下表のとおりです。
  


  
 スレート板などのセメント系の建材の分析では含有する石綿繊維が実体顕微鏡で確認することができるため、分析は容易で短時間で可能です。外装塗材や床材など複数層をもつ試料では、含有層の位置によって処理工法が変わることがあるため、層別に分析し、石綿含有層を特定することが求められます。
 偏光顕微鏡観察では顕微鏡の複数のモードを利用して鉱物学的特徴を観察し、総合的に石綿の有無と種類を判定します。クロスニコルモードは形態観察にすぐれており、石綿様形態とそうではない繊維を区別することができます。分析者が目視で判断する能力が必要で、分析者の裁量で前処理方法を決定し、分析者の責任で判定することが求められます。そのために分析者のトレーニングが重要です。



採取・分析の料金

試料の採取 5,000円

推奨する分析方法
・JIS A 1481-1による定性(石綿含有の有無)分析  30,000円
・JIS A 1481-4による定量(石綿含有率)分析  30,000円
 
その他の分析方法(国際標準として認められない分析方法)
JIS A 1481-2による定性分析 60,000円
JIS A 1481-3による定量(重量パーセントの決定)分析 60.000円

価格は税別です。お支払い方法:銀行振込。
建物調査の見積りは下見が必要です。お問い合わせください。
 
 
 
石綿関連の実績
事務局員 外山尚紀
2014年~現在   日本環境衛生センター建築物石綿含有建材調査者講習運営委員 テキスト副部会長、講師
2013年~現在   日本環境測定分析協会インストラクター(石綿分析) 
2012年~現在   環境省中央環境審議会大気環境部会石綿飛散防止専門委員会委員 
2011年~現在   環境省・厚労省東日本大震災アスベスト対策合同会議委員 
2006年~2007年  東京都アスベスト成形板対策検討委員会委員
2005年~2011年  日本建築センターアスベスト濃度測定委員
 
 
 

ページの先頭へ

 

top